【人事必見】外国人社員向け日本語学習サービスとは?メリットやおすすめのサービスを解説

2019年に施行された「日本語教育の推進に関する法律」により、国だけでなく外国人を雇用する企業にも、日本語教育の支援に努めることが求められています。日本語教育の推進に関する施策を総合的かつ効果的に推進するための基本的な方針では、社内の外国人に生活に必要な日本語学習の機会を提供することは、会社が果たすべき役割だと明記されています。

社内の外国人の日本語力を向上させる方法の一つとして、企業向けの日本語学習サービスが挙げられます。社内の外国人社員の日本語力向上につながるだけでなく、日本人社員と円滑なコミュニケーションが取れるようになることで、早期離職対策やエンゲージメントの向上につなげることができます。今回は企業向け日本語学習サービスの概要、さらに実際の日本語学習サービスを特徴と共に紹介します。

外国人向け日本語学習サービスとは?

外国人向けの日本語学習サービスとは、社内で働く外国人が、ビジネスにおける日本語をプロの講師から学べるサービスです。また、各レベルに合わせた日本語研修だけでなく、業界で使用される専門用語を教えてくれるなど、各会社に合わせた研修を提供しているサービスもあります。外国人が個人的に申し込むことも可能ですが、社内で働く外国人の日本語力向上のために、会社が申し込むこともできます。

日本語学習サービスには、受講者が学校に実際に通う通学型、講師が会社の会議室に来て授業を行う教師派遣型と、テレワークなどに対応したオンライン型があります。社内の働き方に合ったサービスを選択するのがいいでしょう。

日本語学習サービスを利用するメリット

プロの講師が会社ごとに授業を展開

日本語学習サービス利用の大きなメリットの一つに、経験豊富なプロの日本語講師が研修を実施することです。社内で外国人社員の日本語教育を行うことも可能ですが、日本語を教える担当者の時間的・精神的負担が増えてしまう場合があります。そのため、教育のノウハウがない日本人社員が教えるよりも、外部のプロに依頼することで、効率よく外国人社員に日本語を教えることが可能なのです。

また、外国人社員のレベル別に授業を展開するだけでなく、会社のニーズに合わせた授業を展開してくれるため、最速で外国人社員の日本語力を向上させることができます。例えば、JLPT資格取得ではなく、外国人社員のコミュニケーション能力を向上させたい場合、読解を中心とした授業内容よりも話す・聞く能力の向上を目的とした授業を展開してくれます。

社内コミュニケーションの活性化

日本語学習サービスを利用し、外国人社員の日本語力が向上することで、日本人との円滑なコミュニケーションを促進できます。社内外での日本語コミュニケーションは、業務パフォーマンスに直接関わります。言語の問題から日本人社員と話す機会がないと、外国人社員は孤独感を感じてしまい、パフォーマンスや会社満足度は低くなってしまうと、株式会社パーソル総合研究所の「日本で働く外国人材の就業実態・意識調査」では報告されています。

外国人社員の日本語力の向上によって、日本人とのコミュニケーションを促進し、定着やさらなる活躍が見込めるのです。

社員の満足度向上

日本で働く外国人の多くは、日本語力を伸ばしたいと考えているものの、費用面や仕事量の問題で、個人的に日本語研修サービスに申し込むことは難しいです。そのため、会社として日本語学習サービスに申し込むことで、外国人社員も無理なく日本語を勉強することができます。会社で日本語学習の機会があることで、外国人社員の会社への満足度が上がり、定着率を上げることができるのです。

また、会社負担で日本語学習の機会があることは外国人にとって非常に魅力的な福利厚生です。そのため、採用の際にも教育支援としてアピールすることができ、優秀な外国人の採用につなげることが可能となります。

優秀な外国人を採用するなら?

image_jopusconnecter_lp

Jopus Connecterなら自社の外国人社員を活用して、優秀な外国人を採用することができます。外国人社員が同じ外国人の視点から、求職者へ自社の情報を伝えることができるため、スムーズなオンボーディングへと導くことが可能です。求人の掲載は無料、採用が成功するまで費用はかかりません。

【自社の外国人社員で外国人材を採用する】

【3つの特徴】
1. 本音の疑問を解決したい外国人求職者が集まるデータベース
2. 求人掲載自体は無料。データベースの求職者にスカウト可能
3. 成果報酬型で、採用が決定した場合に40万(税別)/名

詳しくはこちらから

日本語学習サービスの注意点

社内で日本語学習サービスを取り入れる際には、外国人社員にその目的を伝えることが重要です。ITエンジニアなど、業務によっては日本語のレベルアップが必要でないと考える外国人社員も多くいるからです。なぜ日本語教育が必要なのか、その目的は何か、社内の外国人に理解をしてもらってからサービスを利用してみてください。

企業向け日本語学習サービス11選

サービス名対象
アスクオンラインfor Business全レベル対象
AOTS法人向けコース全レベル対象
ヒューマンアカデミー日本語学校全レベル対象、日本在住・海外在住どちらも受講可能
アイザック日本語研修JLPT N3以上
ECC法人向けサービス全レベル対象、日本在住・海外在住どちらにも対応
タレントアジアベトナム人
TAC法人向け人材教育サービス日本語での基本的なコミュニケーションが可能なレベル
リンゲージ全レベル対象
むらさきジャパニーズ全レベル対象、日本在住・海外在住どちらにも対応
ブロードメディア日本語研修全レベル対象
日本語オンラインスクール全レベル対象、日本在住・海外在住どちらにも対応

アスクオンラインfor Business

【特徴】
・外国人社員の日本語コミュニケーション力を見えるか化、受講者のレベルを11段階に分けてカリキュラムを設定
・コミュニケーション能力だけでなく、日本のビジネス慣習や企業文化の理解を身に着けることができる

【受講スタイル】
要問合せ

【対象】
全レベル対象

【ホームページ】
https://www.ask-digital.biz/working-in-japan/

AOTS法人向けコース

【特徴】
・「話す」「聞く」能力の向上に特化
・業種別に専門用語の学習や、職場での実際のやり取りを想定したロールプレイを実施

【受講スタイル】
通学型、教師派遣型、オンラインから選択

【対象】
全レベル対象

【ホームページ】
https://www.aots.jp/jp-learning/foreign-employees-company/

ヒューマンアカデミー日本語学校

【特徴】
・外国人社員のレベルと企業のニーズに合わせたカリキュラムを構築
・予算に合わせて最適な研修を提案

【受講スタイル】
受講スタイル
通学型、オンラインから選択

【対象】
全レベル対象、日本在住・海外在住どちらも受講可能

【ホームページ】
https://hajl.athuman.com/lp/business/

アイザック日本語研修

【特徴】
・JLPT N3以上を持っている外国人社員を対象とした授業を展開
・日本語研修だけでなく、日本文化・ビジネスマナー研修も提供

【受講スタイル】
通学型、教師派遣型、オンラインから選択

【対象】
JLPT N3以上

【ホームページ】
https://isaac-education.co.jp/program/oversea

ECC法人向けサービス

【特徴】
・レベル、目的、希望に合わせたレッスンを提供
・日本語があまり話せない受講者にはバイリンガルの日本人講師が指導

【受講スタイル】
通学型、教師派遣型、オンラインから選択

【対象】
全レベル対象、日本在住・海外在住どちらにも対応

【ホームページ】
https://www.biz.ecc.co.jp/purpose/foreigner.php

タレントアジア

【特徴】
・ベトナム語の社員には、ベトナム語と日本語を話せる講師が担当
・コミュニケーション能力だけでなく、ビジネスマナー研修も提供

【受講スタイル】
オンライン

【対象】
ベトナム人

【ホームページ】
https://kbs-talentasia.com/nurture/

TAC法人向け人材教育サービス

【特徴】
・来客対応や電話対応、ビジネスメール作成のポイントを指導
・1日7時間×2日間の短期間での日本語学習

【受講スタイル】
要問合せ

【対象】
日本語での基本的なコミュニケーションが可能なレベル

【ホームページ】
https://www.tac.biz/course/kc70013/

リンゲージ

【特徴】
・ビジネス日本語プログラムは8つのコースから選択可能
・日本文化を学べるプログラムや、JLPT対策プログラムも受講できる

【受講スタイル】
要問合せ

【対象】
全レベル対象

【ホームページ】
https://www.linguage-japanese-school.com/corp/corporate.html

むらさきジャパニーズ

【特徴】
・オリジナルテキストを利用し、コミュニケーション能力とビジネスマナーを習得
・専門の行政書士によるビザサポート

【受講スタイル】
オンライン

【対象】
全レベル対象、日本在住・海外在住どちらにも対応

【ホームページ】
https://www.murasaki-japanese.com/jp/corporate-training.html

ブロードメディア日本語研修

【特徴】
・日本語で日本語を教える独自のメソッド
・「聞く」「話す」「読む」「書く」の4技能をバランスよく伸ばす研修

【受講スタイル】
教師派遣型、オンラインから選択

【対象】
全レベル対象

【ホームページ】
https://www.nihongo-c.jp/traning/

日本語オンラインスクール

【特徴】
・「会話力」を重要視したプログラム
・受講者を個別にサポートし、モチベーションを管理

【受講スタイル】
オンライン

【対象】
全レベル対象、日本在住・海外在住どちらにも対応

【ホームページ】
https://www.ask-digital.biz/working-in-japan/

まとめ

今回は外国人を雇用している企業向け日本語学習サービスを紹介しました。外国人社員の日本語教育の方法として、外部の日本語学習サービスを利用することで、プロの講師がニーズに合わせた授業を展開してくれます。また、費用面で導入が難しい場合でも、外国人雇用に関する助成金を日本語学習に利用することができます。ぜひ紹介した日本語学習サービスを利用してみてはいかがでしょうか。

【メルマガ登録】
Jopus Bizでは、外国人採用に関わるサービスや最新の法律・時事ニュース、外国人採用成功事例などをメールマガジンとしてお届けしています。メールマガジンの配信をご希望される方は下記フォームよりお申し込みください。

    会社名 (必須)

    ※正式名称をご記入ください。

    お名前 (必須)

    役職名

    外国人雇用経験(必須)※選択制

      

    メールアドレス (必須)

    ※ご送信の前に「同意書」を必ずお読みください。

    同意する