【外国人向け適性検査サービス3選】外国人採用でも活用できるのか?

外国人採用を行う企業が増えてきたなかで、日本人の求職者と同じように外国人求職者にも適性検査を受検させたいと考える企業も多いのではないでしょうか。しかし、日本人と同じ適性検査では、外国人材特有の異文化への適応力や、日本で働きたい意思の強さなどを測りきれない場合があります。

そこで今回は、適性検査の概要に加えて、外国人材向けの適性検査の特徴と注意点、外国人向けの適性検査3選をご紹介します。外国人求職者向けに適性検査の実施を検討している採用担当者や企業の方は、ぜひ参考になさってください。

適性検査とは

適性検査とは、一定の職業や職務、会社、組織の風土、カルチャーに対して、どの程度適した素質を持つかを測定する検査です。適性検査を実施する理由は会社によってさまざまですが、主に新卒採用と中途採用で使用目的を分けることができます。

新卒採用の場合は、選考を進めるにあたり、採用優先順位や配属部署などを決める判断材料に使われるケースがほとんどです。一方、中途採用の場合は、募集職種がすでに決まっていることが多く、求める人物像にマッチしているか、会社、組織に対して適性などの判断材料として使われるケースが多いです。

適性検査には性格検査と能力(学力)検査の2種類がある

適性検査には、大きく分けると性格検査と能力(学力)検査の2種類があります。

性格検査は、主に性格や考え方のパターンを見極めるための試験です。書類選考や面接では測りきれない性格や考え方のパターンを知ることで、会社や職種に適した人材か判断できます。

一方、能力検査は、主に一般常識や基礎学力、論理的思考力などを測るための試験です。募集職種に必要な知識・能力の有無を見極めるために利用されます。そのため、専門性の高い業界・職種の場合、企業がオリジナルにテストを作成することも珍しくありません。

外国人向けの適性検査とは

日本人向けの適性検査と外国人向けの適性検査の大きな違いは、「異文化への適応能力を測定する」という点です。また、注意すべき点として、適性検査では日本語能力は測定できないということが挙げられます。それぞれ、特徴と注意点について詳しく説明します。

異文化への適応能力を測る

外国人を採用する場合、異文化に適応できる人材かどうか判断する必要があります。外国人は日本人とは異なる文化的背景を持っているため、日本人とのコミュニケーションで文化的な衝突が起こりやすく、勘違いなどから大きなトラブルに発展してしまう場合もあります。

事前に大きなトラブルを回避するためにも、日本の文化への理解度や日本企業で求められるビジネスマナーやルールを、どの程度身に付けられそうかなどを適性検査で測定できます。

また、日本企業で働く目的意識がどの程度あるのかも測定することができます。目的意識がはっきりしている人ほど、日本企業とのマッチ度は高くなります。一方、日本で働く目的が定まっていない外国人は、採用後にミスマッチが発生した場合、母国に帰国してしまう可能性があります。

日本で長く働いてもらいたいと考えた場合、目的意識のはっきりしている外国人を採用した方が、長く日本に在留してくれる可能性がありますが、最初は目的意識がはっきりしていない外国人でも、働き始めてからやりがいを得るパターンもあります。最初から目的意識がはっきりしている外国人を採用できればより良いですが、目的意識だけでなく、スキルや経験なども含めて総合的に判断すると良いでしょう。

日本語能力は適性検査では測定しない

外国人採用で適性検査を使用する場合、日本語能力は測定できません。外国人向けの適性検査は、日本語能力を見極めるためのテストではないので、日本語能力の不足によって不利にならないように多言語対応されている場合がほとんどです。

また、外国人求職者に対して、日本人向けの適性検査を実施しても、正確にスキルや性格特性を測定できない場合があります。日本人向けの適性検査は、日本の文化・慣習を背景にしたネイティブレベルの日本語能力を必要とします。そのため、日本語がある程度できる外国人向けに適性検査を実施しても、日本語でつまづいてしまい、スキルや専門性を正確に測定できず、結果として優秀な人材を取りこぼしてしまう可能性があります。外国人に適性検査を実施する場合は、外国人向けの適性検査を選ぶ方がより正確な検査結果を手に入れられます。

外国人求職者の日本語能力を測定したい場合は、読み書きについては日本語能力試験で判断しましょう。会話力については、面接時に測定するとよいでしょう。

▶︎「日本語能力試験」に関連する記事をみる
【JLPT(日本語能力試験)だけで会話レベルは測れない!】外国人採用で必要な日本語力とは

外国人向け適性検査3選

ここまで、適性検査の概要と、外国人向け適性検査の特徴と注意点について説明しました。では、実際に外国人を採用する際に利用できる外国人向けの適性検査を3つ紹介します。自社の採用目的にマッチしたサービス選びの参考にしてください。

価格対応言語特徴
CQI基本料金(0円もしくは15万円〜)+受検料(1500円〜)7ヶ国語(日本語・英語・中国語・韓国語・インドネシア語・ベトナム語・ミャンマー語)総合評価、カルチャーフィット度、異文化アダプテーション力の3つのポイントから総合的に外国人材の適性を測定
GSPI3初期費用は無料
別途受験料金が必要
3ヶ国語(英語、中国語(簡体字、繁体字)、韓国語)外国人材のスキルや性格特性を、日本人の就活生や転職希望者と比較して判断できる
3E-IPテスト
グローバル版
基本料金(15,000円/月〜)+採点料(5,500円/件)3ヶ国語(日本語・英語・中国語) 業側が確認する結果報告書では、難解な日本語は用いず、面接・選考に係わる全ての人が等しく検査結果を共有できる構成で作られている

CQI(株式会社エイムソウル)

CQI

CQIは、株式会社エイムソウルがCQ分析テスト( 個性分析テスト)をベースに独自に開発した、外国人材に特化した適性検査です。外国人の採用選考において、総合評価、カルチャーフィット度(日本文化に適合している人材であるか)、異文化アダプテーション力(異文化に適応しやすい人材であるか)の3つのポイントから総合的に外国人材の適性を測定できます。


対応言語:7ヶ国語(日本語・英語・中国語・韓国語・インドネシア語・ベトナム語・ミャンマー語)
受験料:基本料金(0円もしくは15万円〜)+受検料(1500円〜)
提供企業:株式会社エイムソウル
URL:https://www.aimsoul.com/global/

GSPI3(株式会社リクルートマネジメントソリューションズ)

GSPI3

GSPI3は、株式会社リクルートマネジメントソリューションズが提供している外国人採用向けのSPI試験です。外国人材のスキルや性格特性を、日本人の就活生や転職希望者と比較して判断できる適性検査です。受検する外国人の文化的背景や言語にかかわらず、外国人本人の特徴を把握することができます。

対応言語:3ヶ国語(英語、中国語(簡体字、繁体字)、韓国語)
受験料:初期費用は無料、別途受験料金が必要
提供企業:株式会社リクルートマネジメントソリューションズ
公式サイトURL:https://www.spi.recruit.co.jp/
*GSPI3については下記のリンク先に詳しく記載されています。
https://www.spi.recruit.co.jp/spi3news/000122.html

3E-IP グローバル版(エン・ジャパン株式会社)

3E-IPテスト グローバル版

3E-IPテスト グローバル版は、エン・ジャパン株式会社が提供しているWeb上で受検ができる外国人向け適性検査です。3E-IPは知的能力テストが20分、性格・価値観テストが約15分の合計約35分で終了するため、実施企業にも外国人受検者にも負担が少ないテストです。企業側が確認する結果報告書では、難解な日本語は用いず、面接・選考に係わる全ての人が等しく検査結果を共有できる構成で作られています。


対応言語:3ヶ国語(日本語・英語・中国語) 
受検料:基本料金(15,000円/月〜)+採点料(5,500円/件)
提供企業:エン・ジャパン株式会社
URL:https://jinji-test.en-japan.com/service/global_3eip.html

まとめ

外国人向けの適性検査を実施することで、異文化対応力が高い外国人材を見つけやすくなります。ただし、適性検査はあくまでも数ある採用手段の1つでしかありません。適性検査の結果だけで外国人材を判断してしまうのではなく、書類選考や面接などで総合的に外国人材を見極めるようにしましょう。