【国籍別の特徴】優秀な外国人エンジニアを見つけて逃さない採用チームの作り方

優秀な外国人エンジニアを採用するためには、その国の文化慣習や仕事観を知っておくことで、採用時のターゲィングやメッセージングを編み出すことができます。本書では、外国人エンジニア採用担当者が押さえておくべき国籍別の特徴(中国、インド、ベトナム、韓国、アメリカ)を紹介します。

このホワイトペーパーで分かること

日本のIT業界の外国人採用マーケット、2020年最新データが分かりやすい図で知ることが出来ます。

在留人数No.1中国、No.2の韓国、採用が急増しているインド、ベトナム、世界エンジニア数No.1のアメリカ。採用ニーズの高い5か国のIT業界、仕事観、求人票での伝え方を学ぶことができます。

ホワイトペーパー目次(67ページ)

  1. 外国人エンジニアデータ
  2. 国別 IT業界・仕事観・求人票の伝え方(中国 / インド / ベトナム / 韓国 / アメリカ)
  3. 外国人エンジニアを採用するには?
  4. Jopus Connecter・Jopus Bizのサービス紹介

下記に必要事項をご記入の上、「送信する」ボタンをクリックして下さい。
登録いただきましたメールアドレス宛にお申込みいただきました資料のダウンロード用アドレスを送信させていただきます。

ダウンロードはこちらから

    会社名 (必須)

    外国人雇用経験(必須)※選択制

      

    ご担当者名 (必須)

    メールアドレス (必須)

    ※ご送信の前に「同意書」を必ずお読みください。

    同意する