ライトワークス、外国人と企業のマッチング支援事業を開始

統合型学習管理システム「CAREERSHIP」を運営し、人材育成支援を手がける株式会社ライトワークスは、 日本で就労したい外国人と外国人を雇用したい企業のマッチング支援事業を始める。

少子高齢化により労働人口が減少する中、外国人労働者の採用は人手不足の解決策の一つだ。その一方で、 労働基準局より公表されている「外国人技能実習生の実習実施者に対する監督指導、送検等の状況」によると、厚生労働省が2019年に監督指導を実施した9455事業場のうち約72%で労働基準関係法令違反が認めらている。外国人材の労働環境が多くの企業で整っていないのが現状だ。

同企業は、まず外国人採用を考えている企業向けに、必要な法務、労務に関する知識などを学べるeラーニング教材を提供する。企業が外国人材について最低限の知識を取得し、現場の理解不足による法令違反などの問題を軽減することが目的だ。eラーニング教材の履修者には終了証を発行する。

日本で働く外国人材にも、日本で働く理解を深めるために、日本の制度や法令、文化などを学べるeラーニング教材を無償で提供する。まずはベトナム人材向けにサービスを開始し、コースの合格者には終了証が付与される。終了証を持った企業の雇用主と外国人材がマッチングするサービスを今秋提供する予定だ。

外国人材支援プロジェクト

・マッチングサービスは2021年秋ごろに開始予定

・教材の詳細はこちらから

・お問い合わせはホームページから

教材はオンラインのため、場所を問わず受講することが可能だ。外国人材の採用を考えている企業の方は、本サービスの利用をぜひ考えてみてはいかがだろうか。

【参照リリース】企業と外国人材を橋渡し ライトワークス、事前に学習